「Google Keep」それは最高のメモアプリ。瞬間のアイデアを逃さない!

スマホ系
スポンサーリンク

どうも、分解ちゃんねるのぶんかいです。

今回はメモ帳アプリをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

はじめに

今、メモ帳アプリっていろんなのがあるじゃないですか。

有名どころで僕が使ったことがあるやつでいうと、EvernoteとかiPhoneやMac標準のメモ帳とかとか。

どちらも使いやすいし、現在進行系で使ってますが何かしっくりこなかったんですよ・・・

しかし僕は見つけてしまいました。

Google Keep」を。

僕にとってのメモ帳革命です、こいつ。

The app was not found in the store. 🙁
スポンサーリンク

なんでGoogle Keep?

なんでGoogle Keepなのか、何が革命なのか。(あくまで僕にとってですよ)

それは「音声入力」です。

もうこれだけで十分。

これが欲しかった。

Keepの様々な機能や使い方などのことはぼくのブログでは書きません!

だって他の有名ブロガーさんたちがとっても上手にご紹介されているから。

 

だから音声入力の良さについてだけ書きます!笑

スポンサーリンク

僕の特性と音声入力

僕の特性と似ている人には共感してもらえるのではないかなぁ、と淡い期待を抱いて書いてます。

 

ぼくは頭の中で考えがあっちいったりこっちいったりしがちです。

そうすると、目についたものやことに考えが瞬間もっていかれがちになり、気を抜くと、話を途中で変えてしまったり、ぼくの頭の中でだけ話を瞬間進めてしまい結果の部分だけ人に伝えてしまったり自分ワールドが展開されてしまいます。。。笑

まあここまでは直接今回の記事に関係ないのですが、この頭の中の特性上、ふと街を歩いているときや、買い物をしているときに様々思いついたりするんですね。

「あ!このアイデア面白そう!」とか、「あっそうだ、家に着いたら部屋片付けて、洗濯をしないと」とか、もう色々です。

しかし・・・目的地に着くと今度は別の情報が目や耳から入ってくるじゃないですか。

だから、今度はそっちに考えが周り初めてしまって、考えていたことがどっかに行っちゃうんですorz

 

それでメモを取らないといけないって話なんですが、メモを取るのにフリックで入力するのがなぜか本当に嫌いで、Macを開いてパパッとやってしまいたいんです。

でも移動中でしょ・・・歩きMac・・・たまにしてますが片手しか使えないですからね。

 

そうして出会ったのがこのGoogle Keepの音声入力だったわけです。

スポンサーリンク

Google Keepの音声入力(使用環境:iPhone 8 Plus)

僕のiPhoneのホーム画面です。Keepがランチャーに殿堂入りしております。

1.ウィジェットからすぐに音声入力を呼び出せる

KeepはiPhoneのウィジェットから呼び出せます。

見てくださいこの直感的な感じ!

マイクのボタンを押せばそのまま音声入力の画面になります。

2.音声入力の精度高い&文章変換、音声メモを保存してくれる

Keepにした理由として音声入力の精度がめちゃ高い!(気がします!)

そして音声を文章化し、その音声メモ自体も保存しておいてくれるあたりがさすがなんです!

なのでいつも歩いている時に逃していたアイデアやタスクをその場でiPhoneに向かって話すだけでメモが取れるようになりました。

本当に快適極まりない。

この記事では紹介しませんでしたがあくまで音声入力の機能はKeepの一機能です。

その他の機能面においてもかなり優れていると思います。

スポンサーリンク

まとめ

これまで音声入力にあまり期待をしていなかったのですが、このKeepを通して日常利用での期待値が格段に上がっています。

音声→文章が何の問題もなくKeepで行えているので瞬間のアイデア を逃すことなくストックしておくことができるようになりました!

アプリで メモを取ることに僕と同じような悩みを持っていてみなさま!

ぜひGoogle Keepを使って見てください!

 

以上!

The app was not found in the store. 🙁

コメント

タイトルとURLをコピーしました